理事長メッセージ

file
大石華法(Kaho Oishi)

 本協会は2010年10月に設立して以来、高齢の方・認知症の方・障害のある方・疾病のある方などの福祉領域の対象の方に向けた研究において、医学的効果や社会的効果が確認されたことからケアツールの1つとしても認識されるようになっており、日本の医療・美容・福祉に貢献してまいりました。
 その後、研究と活動の中から、化粧には療法効果があることが分かり、さらに医療領域における学際的な研究から、化粧の療法効果を科学的に解明しなければならないと考え、2018年12月5日、医療領域における各分野から著名な医師の方々を学会の理事にお迎えした「日本化粧療法医学会」を設立し、2月23日に設立記念講演会を盛大に開催することができました。
 本協会の活動の1つとして「日本化粧療法医学会」を設立できましたことを心から嬉しく思います。

 今後は、本学会と「化粧療法士」「化粧療法専門医」を国家資格、国際資格に活動を進める共に、一般社団法人日本ケアメイク協会から、公益社団法人への組織変更を行うことも進め、社会に還元できるグローバルな活動を行ってまいります。
 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
                          2019年4月1日