理事長あいさつ

file_9
公益社団法人国際化粧療法協会
理事長 北野正剛

 2021年6月28日開催されたICA総会にて理事長に拝命致しました。本協会は2010年10月10日に今の大石華法会長のもとで設立され、認知症や心身の障害さらにはがんなどの疾病を有する方々を対象とした化粧療法の実践と研究並びに学術総会の機会を国内外で提供して参りました。
 これまで会員の皆さまの活動により化粧療法には心理的・医学的・社会的効果が確認され、さらに患者さんの日常生活の質の向上と社会参加、並びに就労に繋げるための専門性の高い化粧療法に関する資格制度(化粧療法士・化粧療法専門医)が必要となってきました。また、化粧療法を行う上で機能性化粧品の確立が必要であることも見えてきました。
 この度、本協会設立10周年を迎えた昨年12月18日に内閣総理大臣より内閣府公益社団法人の認定を受け、本協会はその名称を「公益社団法人国際化粧療法協会」に変更致しました。
 今後は、他団体・有識者の皆さまとの連携を強化し、「化粧療法」を確立するとともに、国連SDG'Sの理念を持つ化粧療法専門医の資格認定事業、化粧療法士の資格認定事業を行い、化粧療法士への国家資格付与を目指してまいります。
 私自身、がん外科治療専門医として、がん患者さんの化粧療法による頭髪脱毛の予防と、その改善に関する研究に、この10数年取り組み、製品化と患者さんのQOL向上に努めてきました。今回縁あって理事長職を拝命することとなり、身の引き締まる思いです。これまでの国内外における活動経験をもとに、大石華法会長の暖かいご指導と北川雄光副理事長、丸山悟副理事長の力強い支援を得て、本領域と分野の発展に微力ながらお役に立てればと願っています。
 今後とも、皆さまのご支援とご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
2021年6月28日