正会員&賛助会員利用規約

第1条(適用と目的)
正会員および賛助会員利用規約(以下「本規約」といいます。)は、一般社団法人日本ケアメイク協会(以下「当協会」といいます。)が提供する正会員および賛助会員サービス(以下「本サービス」といい、第2条にて定義するものとします。)を利用する正会員および賛助会員(第3条にて定義するものとします)に対して適用され、正会員および賛助会員の地位および利用条件等について規定することを目的とします。
当協会は、当協会の判断により本規約を変更できるものとします。当協会は、本規約を変更した場合、正会員および賛助会員に当該変更内容を通知するものとし、当該変更内容の通知後、正会員および賛助会員が本サービスを利用した場合または当協会の定める期間内に会員登録を抹消する手続をとらなかった場合には、正会員および賛助会員は、本規約の変更に同意したものとみなします。
第2条(本サービス)
本サービスは、本規約に基づき、当協会が管理運営するインターネット上のウェブサイト「ケアメイク協会公式サイト」を通じて、正会員および賛助会員に対し提供し、正会員および賛助会員が利用するウェブサービスで、当協会およびその提携先が提供するコンテンツ及びシステム(各種eラーニングサービス等。以下「提供コンテンツ等」といいます)を利用する際のポータル機能、学習支援機能及びその他の付随機能等から構成されるものをいいます。
当協会は、当協会の都合により、正会員および賛助会員への事前告知なく、本サービスおよび提供コンテンツ等の内容変更を行い、または、提供を終了することができ、本項に基づき当協会が行った措置に基づき正会員および賛助会員に生じた損害については、一切責任を負わないものとします。この場合、すでに利用を開始している各提供コンテンツ等の利用については、各提供コンテンツの利用規約等に従うものとします。
第3条(正会員および賛助会員)
正会員および賛助会員とは、第4条に基づいて本サービスの利用者として会員登録の完了した当協会の定款に定める社員となった個人(以下「正会員」といいます。)および法人(以下「賛助会員」といいます。)をいいます。
正会員とは、当協会の目的に賛同して入社(以下「入会」といいます。)の申し込みをし、理事会にて入会を承認された個人をいいます。賛助会員とは、当協会の目的に賛同して入会の申し込みをし、理事会にて入会を承認された法人をいいます。
第4条(入会)
本サービスの利用を希望する者(以下「入会希望者」といいます。)は、本規約を遵守することを承諾し、かつ、当協会の定める一定の情報(以下「入会情報」といいます。)を当協会の定める方法で当協会に提供することにより、当協会に対し、入会を申し込むことができます。
当協会は、当協会の基準に従って、前項に基づき入会の申込みを行った入会希望者(以下「入会申請者」といいます。)の入会の可否を判断し、当協会が入会を承認した場合にはその旨を入会申請者に当協会の定める方法で通知します。入会は、当協会が本項の通知を行ったことを以って完了したものとします。
当協会は、入会申請者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録を拒否することがあり、また、その理由について一切開示義務を負いません。
(1)当協会に提供した入会情報の全部または一部につき、虚偽、誤記または記載漏れがある場合
(2)未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、補佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合
(3)第12条第1項各号のいずれかに該当する場合
(4)入会申請者が過去に当協会との契約に違反した者またはその関係者であると当協会が判断した場合

前項の定める入会の完了時に、当協会と正会員および賛助会員との間で本サービスに係る利用契約が成立するものとし、以降、正会員および賛助会員は、本サービスを本規約に従い利用することができます。なお、提供コンテンツ等の利用を希望する正会員および賛助会員は、別途、各提供コンテンツ等の利用規約等を遵守することを承諾し、当協会の定める方法に従い、各提供コンテンツ等の利用を申し込むものとします。
正会員および賛助会員は、登録事項に変更があったときは、当協会の定める方法により当該変更事項を遅滞なく当協会に通知するものとします。
第5条(入会金および会費)
正会員および賛助会員は、本件サービスの対価として、本件サービス上に掲載する入会金および会費を、当協会が指定する支払方法により、当協会に支払うものとします。尚、一旦支払いを受けた入会金および会費については、理由の如何を問わず払い戻しは行いません。ただし、入会時に於ける入会承認が不成立の場合は速やかに返金いたします。返金に伴い振込み手数料等が発生した場合は、手数料等をすでに入金している額より差し引くものとします。当協会は、正会員および賛助会員への事前の告知をもって、会費を変更することができるものとします。正会員および賛助会員は、入会金および会費のほかに本サービスおよび提供コンテンツ等による別途参加費等が必要となった場合は、これを支払うものとします。入会金および会費、本サービスおよび提供コンテンツ等による別途参加費等の支払いに伴い振込み手数料等が発生した場合は、正会員および賛助会員の負担とします。入会金および会費、本サービスおよび提供コンテンツ等による別途参加費等は前納で支払うものとします。賛助会員に対しては、年会費1口につき10名分の正会員資格が付与されるものとします。
(入会金)2017年8月25日現在
正会員(個人) 2,000円
賛助会員(法人) 不要
(年会費)2017年8月25日現在
正会員(個人) 3,000円
賛助会員(法人) 1口100,000円、1口以上(上限なし)
 
第6条(有効期間)
会員資格の有効期間は入会を完了したときから1年間とします。以後については、退会の申し出、または除名若しくは会員資格の喪失がない限り、自動的に1年ごとに更新されるものとします。
第7条(権利帰属)
本件サービス及び提供コンテンツ等に関する知的財産権は全て当協会または当協会にライセンスを許諾している者に帰属しており、入会の完了は、当協会および当協会にライセンスを許諾している者に帰属する知的財産権の正会員および賛助会員に対する利用許諾を意味するものではありません。
第8条(除名および登録抹消等)
当協会は、正会員および賛助会員が以下の各号のいずれかの事由に該当すると当協会が判断する場合またはそのおそれがあると当協会が判断する場合、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下「一般法人法」という。)第49条第2項に定める社員総会の決議により当該正会員および賛助会員への事前通知を行うことなく、本件サービスの全部または一部の利用を凍結し、または、その会員を除名し、会員登録を抹消し、本件サービス利用契約を解除する等の対応を行えるものとします。その会員は、正会員および賛助会員資格を喪失します。
(1)本規約のいずれかの条項に違反した場合
(2)当協会に提供された登録情報の全部または一部に虚偽、誤記または記載漏れがあった場合
(3)登録情報として提供した正会員および賛助会員の氏名が正会員および賛助会員の本名でない場合
(4)登録情報として提供されたメールアドレスが本人以外のものである場合
(5)過去に本サービスの会員登録を取り消されまたはサービス利用契約を解除された者である場合
(6)犯罪行為およびそれに準じる行為を目的として本サービスを利用した場合
(7)当協会、正会員および賛助会員または第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利または利益を侵害する行為を行った場合
(8)当協会のネットワークまたはシステムに対し、不正アクセスを試み、有害なコンピュータプログラム・メール・URL等の送信または書き込み等を行った場合
(9)手段の如何を問わず、本サービスの運営の妨害し、信頼を毀損するような場合
(10)正会員および賛助会員が死亡した場合または後見開始、保佐開始若しくは補助開始の審判を受けた場合
(11)1年以上本サービスの利用がなく、当協会からの連絡に対して応答がない場合
(12)その他、法律、法令、公序良俗または本規約に違反する行為を行い、会員登録継続が適当でない場合(13)総社員の同意があったとき。
(14)正当な理由なく、1年以上会費を滞納したとき
前項各号のいずれかの事由に該当した場合、正会員および賛助会員は、当協会に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当協会に対して全ての債務を支払わなければなりません。上記該当時点で発生している会費その他の債務等、当法人に対して負担する債務は、会員資格喪失後も、その債務が履行されるまで消滅しません。当協会は、本条に基づき当協会が行った行為により正会員および賛助会員に生じた損害について一切責任を負いません。正会員および賛助会員の本規約または各種サービスの利用規約に違反する行為によって、当協会または第三者が損害を被った場合、当該正会員および賛助会員は、自己の責任と費用をもって、当該損害の一切を賠償しなければなりません。
第9条(退会・会員登録の抹消・利用契約の解約)
正会員および賛助会員は、いつでも退会することができます。ただし、1か月以上前に当協会に対して予告をするものとします。また、当協会の定める方法により通知し、本サービスの会員登録の抹消し、本件サービスの利用契約を解約することができます。ただし、利用中の提供コンテンツ等がある場合は、この限りではありません。また、解約による返金の有無等は、各提供コンテンツの利用規約等に準ずるものとします。
前項に基づく退会、会員登録の抹消および利用契約の解約にあたっては、正会員および賛助会員は、本サービス上に掲載している注意事項に従うものとします。退会、会員登録の抹消および利用契約の解約にあたっての個人情報等の取扱いは、第12条及び第13条の規定に従うものとします。
第10条(免責)
当協会は、本サービスが正会員および賛助会員の特定の目的に適合すること、期待する機能・商品価値・正確性・有用性を有すること、正会員および賛助会員による本サービスの利用が正会員および賛助会員に適用のある法令または業界団体の内部規則等に適合することにつき、何ら保証するものではありません。
当協会は、本サービスの提供にあたり相当の安全策を講じるものの、当協会による本サービスの中断・停止・終了、利用不能、変更、データの削除・消失、会員登録の抹消その他本サービスに関して正会員および賛助会員が被った損害につき、一切賠償する責任を負わないものとします。
何らかの理由により当協会が責任を負う場合であっても、当協会は、正会員および賛助会員が被った損害につき、過去12ヶ月間に正会員および賛助会員が当協会に支払った本件サービスの対価の金額を超えて賠償する責任を負わないものとし、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害および逸失利益に係る損害については、賠償する責任を負わないものとします。
本サービスに関連して正会員および賛助会員と他の正会員および賛助会員または第三者との間で生じた取引、連絡および紛争等については、当協会は一切責任を負わないものとします。
本サービスの利用には一定のシステム動作環境が要求されるところ、正会員および賛助会員は、会員登録の申込みあたり、これを事前に確認し、必要なシステム動作環境の整備に責任を持つものとし、当協会は一切責任を負わないものとします。
第11条(本サービスの停止等)
本サービスが停止・中断がする場合は、正会員および賛助会員に事前に通知を行いますが、緊急やむを得ない場合は、正会員および賛助会員への事前通知なく、本サービスの一部または全部の停止・中断をすることができるものとします。なお、当協会は、本条に基づき当協会が行った措置に基づき正会員および賛助会員に生じた損害について、以下の各号のいずれか事由に該当する場合を含め、一切の責任を負いません。
(1)サービス提供上必要な装置、コンピュータ、システム等の保守または点検を行う場合
(2)サービス提供に必要な装置、コンピュータ、通信回線等が工事、通信回線の不通、不良、事故等により停止した場合
(3)火災、地震などの天災地変、停電(法定点検による停電も含む)、システム障害に起因してサービス提供が困難な場合
(4)当協会が利用する外部システムが何らかの影響や障害等により停止や不安定な状態に陥った場合
(5)アプリケーションを故意に改造する第三者、いわゆるハッカー等の介入によりサービス提供が困難な場合
(6)その他、上記に起因して発生した障害等により、当協会が停止または中断の必要があると判断した場合
第12条(個人情報等の取扱)
当協会による会員の個人情報の取扱については、別途当協会の定めるプライバシー規約に従うものとし、正会員および賛助会員は、このプライバイシー規約に従って当協会が正会員および賛助会員の個人情報を取り扱うことに同意するものとします。
当協会は、正会員および賛助会員が当協会の定める方法により会員登録の抹消を行わない限り、正会員および賛助会員の個人情報を保有し利用し続けることができるものとし、正会員および賛助会員は、これを予め同意するものとします。
準個人メンバーは、当協会が、当該準個人メンバーの会員登録の申込みをした法人会員に対し、当該準個人メンバーに係るプライバシー規約に定める個人データの項目の全部または一部を提供することについて、同意するものとします。
第13条(属性情報・行動履歴の取得及び利用)
当協会は、正会員および賛助会員が本件サービス及び提供コンテンツ等の利用を通じて提供した会員の年齢、性別および職業等の属性情報ならびに本件サービス及び提供コンテンツ等に関する行動履歴を取得し、正会員および賛助会員は、当協会が当該属性情報・当該行動履歴(以下「属性情報等」といいます。)を本件サービスおよび提供コンテンツ等の提供に必要な範囲で利用すること、また、当該正会員および賛助会員の会員登録の有無にかかわらず、当協会が属性情報等に基づき適切な処理のもと作成された統計データを何ら制限なく利用することにつき、予め同意するものとします。
なお、当協会は、法律上の根拠に基づき要求された場合および正会員および賛助会員の同意を得た場合を除き、正会員および賛助会員を特定できる属性情報等を第三者に開示しないものとします。
当協会は、正会員および賛助会員が本件サービスにログインしこれを利用した場合、個人を特定したうえで、これまでに取得した属性情報等を用いて、学習教材のレコメンド、広告等の配信・表示および提供コンテンツ等の提供を行うことができるものとし、正会員および賛助会員はこれを予め同意するものとします。
第14条(反社会的勢力の排除)
正会員および賛助会員は次の各号の事項を確約するものとします。
(1)会員登録前または会員登録中において、自らが、暴力団、暴力団関係企業、総会屋もしくはこれらに準ずる者またはその構成員(以下総称して「反社会的勢力」という)ではないこと
(2)会員登録前または会員登録中において、自らの役員(業務を執行する社員、取締役、執行役またはこれらに準ずる者をいう)または社員が反社会的勢力ではないこと
(3)反社会的勢力に自己の名義を利用させていないこと
(4)会員登録中に、自らまたは第三者を利用して、次の行為をしないこと
  ア 相手方に対する脅迫的な言動または暴力を用いる行為
  イ 偽計または威力を用いて相手方の業務を妨害し、または信用を毀損する行為

正会員および賛助会員が会員登録中に、前項に違反していたことが判明した場合には、当協会は何ら通知をせずに、会員登録を抹消し、利用契約を解約することができます。
当協会が前項の規定により会員登録を抹消し利用契約を解約したときは、当協会は正会員および賛助会員に対して、本サービス及び提供コンテンツ等の利用料金に相当する金額(既に本サービス利用料金及び提供コンテンツ等の一部を受領している場合は、その額を除いた額。なお、その額には、本サービス利用料金及び提供コンテンツ等に係る消費税額及び地方消費税額の合計額に相当する額は含まれません。)を違約金として請求することができます。
第15条(権利義務の譲渡禁止)
正会員および賛助会員は、本件サービスの正会員および賛助会員としての地位および当該地位に基づく権利義務を、当協会が予め承諾した場合を除き、第三者に譲渡しまたは担保に供してはならないものとします。
第16条 (業務委託)
当協会は、本サービスの提供等に際して、その全部または一部について、当協会と契約する第三者に業務委託する場合があり、正会員および賛助会員はこれを予め承諾するものとします。
第17条 (準拠法および管轄)
本規約は日本法に基づいて解釈され、本規約および本サービスの利用に関する紛争は、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
第18条(協議)
本規約に定めのない事項または解釈に疑義を生じた事項については、当協会と正会員および賛助会員間にて誠意をもって協議の上解決します。
付則
本規約は2017年8月25日より効力を発します