化粧訓練士規程

 化粧訓練士規程

第1章 総則
第1条 化粧訓練士制度(以下「本制度」という。)は、自身に化粧を施す化粧技法を障害者・高齢者が習得できるように援助・指導を行うための知識と技術を有する化粧訓練士(化粧訓練士修了者のことをいう)を養成することを目的とする。
第2条 前条の目的を達成するために、一般社団法人ケアメイク協会(以下「本協会」という。)は、本規程に本制度の内容および管理運営に必要な事項を定める。

第2章 化粧訓練士手続き
第4条 化粧訓練士申請は、以下の各号のすべてを満たす者が行うことができる。但し、理事会が認めた者についてはこの限りではない。
(1) 本協会の正会員であること。
(2) 本協会の指定する化粧訓練士養成講座(導入編)において、全講義を受講していること。
(3) 本協会の指定する化粧訓練士養成講座(実践編)において、全講義を受講していること。 
第5条 本協会が化粧訓練士養成講座として指定した講座をすべて修了した者を化粧訓練士とよぶ。 
第6条 本協会は化粧訓練士の氏名及び所属を登録原簿に登録し、本協会ホームページ上に公示する。 
第7条 化粧訓練士は、本協会の正会員を退会した時には、その名称を使用してはならない。
 
第3章 規程の変更手続き
第9条 本規程の改廃は、理事会の承認を得て行う。

附則1 本規程は2018年6月3日より施行する。
附則2 本規程は2018年12月15日より施行する。
附則3 本規程は2019年5月18日より施行する。